• ホーム
  • ED治療薬は個人輸入で購入しましょう

ED治療薬は個人輸入で購入しましょう

2020年03月19日

ED治療薬は勃起不全を改善するための医薬品で、症状に悩む方にとっては大切な存在です。
日本国内では専門のクリニックを受診して処方箋を出してもらい指定された薬局で購入するのが一般的です。
医薬品の価格だけではなく診察料がかかるのに加えて初めて通ったクリニックでは初診料が発生し、費用面で大きな負担となるだけではなくお仕事で忙しくクリニックがオープンしている時間帯に通院できない場合はED治療薬を入手するのは困難を極めます。

日本国内では薬事法の関係からED治療薬をはじめとする医薬品を販売するためには厚生労働省による厳正な審査を通過した上で認可を受ける必要があるのに加えて、担当医師の診断により今回の例ではEDの治療のためにその医薬品を患者さんが摂取する必要があると判断され処方箋を出してもらう以外に方法はありません。
これらの施策はあくまでも患者さんへの安全性に配慮したものですが、それと引き換えに優れた医薬品を入手するためのハードルの高さへと繋がっているのが現状です。
その一方で多くの海外の国では自由化が進み、自己責任によってED治療薬をはじめとする医薬品を原則自由に購入することができます。
その中には勃起不全を解消する確かな効果と副作用は皆無、または極めて稀で安全性が確認されている海外の有名医薬品メーカーが製造販売しているED治療薬があります。
さらに先発薬と含有されている成分をそのままに先発薬よりも安い価格で提供されているジェネリック医薬品などが数多く存在しています。

しかし、厚生労働省による正式な認可を受けていない製品については残念ながら日本国内ではドラッグストアなどの実店舗やオンライン通販サイトで販売したり、クリニックによる処方箋を出すことは不可能です。
そんな中でも、転売や販売目的ではなく、個人が治療のために服用する目的で個人輸入するのであれば日本国内に在住している日本人でも合法的にそれらの優れた医薬品を購入することが可能です。

個人輸入のやり方とは

ED治療薬をはじめとする医薬品を個人輸入するには、原則として本人が現地に渡航して製品を購入し通関手続きを経て日本国内に持ち込むことができます。
しかし、それらの手続きは関連法令を熟知する必要があるだけではなく煩雑な手続きに加えて関税が発生することがあり、余程手馴れた方でも無い限りは高いハードルとなることに注意が必要です。

そんな中で、インターネットでは個人輸入代行サービスを提供しているサービスがあり海外の優れた医薬品を合法的に入手できるので、その医薬品による治療が必要な患者さんにとって貴重なルートとして大きな注目を集めています。
個人輸入代行と言っても難しいことは無く、一般的なオンライン通販サイトを利用する感覚で商品をカートに入れて注文するだけです。

ジェネリック医薬品だけでは無く全体的に安い価格設定になっている方が多く、まとめ買いをすることでさらにお得に購入できます。
唯一違うのが関税が発生するケースで、1回に発注する合計金額が高額となった場合や、まとめ買いの量があまりにも多い場合は関税が発生することがあるので注意が必要です。

宅配便のサービスドライバーが出納を代行してくれるので注文した商品を受け取る際に現金で支払うだけです。
ここで気になるのがオンラインのサービスのため現物を見ずに購入する形となることから、自己責任で利用するべきサービスであるとは言え届けられた商品が本物なのか偽物なのか不安に思ってしまう利用者も少なくありません。

しかし、最近では各医薬品メーカーが情報公開や安全性の取り組みを行っており、パッケージに偽造が困難なホログラムシールが貼付されているケースや、薬品の錠剤に刻印が刻まれているなど、さまざまな工夫がされています。
そのような本物と偽物を見分ける情報を積極的に開示している個人輸入代行サービスであれば安心して利用することができます。