• ホーム
  • 有名なED治療薬はバイアグラとレビトラです

有名なED治療薬はバイアグラとレビトラです

2020年01月01日
考えている男性

バイアグラは世界で初めて開発されたED治療薬として有名です。
勃起不全で悩んでいた男性にとって、まさに夢の治療薬の登場でした。
もともと1990年代前半に狭心症の治療薬として研究開発が始まったのですが、その際の副作用として勃起不全にも効果があるということがわかりました。

主成分はシルデナフィルで、服用すると勃起を妨げている5型ホスホジエステラーゼ(PDE-5)の酵素活性を阻害することができます。
バイアグラは性行為を行う30分くらい前(空腹時)に服用します。
効果が現れはじめると正常に勃起するようになり、性行為を行うことができます。
ただ、バイアグラを服用すると自動的に勃起が起こるのではなく、性的な刺激があってはじめて勃起します。
効果の持続力は5時間程度ですが、食事を食べると効果が半減してしまう可能性があります。
そのため服用は空腹時又は、食後2時間程度経過した後がおすすめです。

バイアグラに並んで有名なED治療薬がレビトラです。
レビトラはバルデナフィルを主成分とし、バイアグラの問題だった食事に影響を受けにくいというのが特徴です。
また水に溶けやすい性質があることから、バイアグラよりも即効性があり、服用後20分程度で効果が現れます。
効果の持続時間は10mgの場合5時間程度、20mgの場合は最大10時間程度まで持続します。
副作用については、バイアグラもレビトラもほぼ同じで、9割近くの方は顔のほてりや目の充血、頭痛、動悸などの症状が現れます。

なお、バイアグラやレビトラと比べるとマイルドな効果を発揮するシアリスというED治療薬もあります。
主成分にタダラフィルが含まれており、自然な勃起を示し長時間作用するのが特徴です。
シアリスはレビトラと同様に食事の影響は受けにくいのですが、効果が現れるまでに時間がかかるために、性行為の3時間程度前に服用します。
ただ効果の持続力は10mgの服用で約24時間、20mgを服用した場合は36時間程度効果が持続します。

これら代表的なED治療薬のどれを選んだら良いのかについては個人差があるので、お試しで自分に合うものをいくつか試してみると良いでしょう。

シルデナフィルはバイアグラのジェネリック

バイアグラは特許がすでに切れているために、ジェネリックが数多く販売されています。
主成分にバイアグラと同じシルデナフィルが使われているので、効果は全く同じと言って良いでしょう。
商品名もシルデナフィル錠という名称が使われているのでわかりやすいです。

ジェネリックといえばインド製が多いのですが、バイアグラのジェネリックは国産もあり安心です。
最初に登場したのは、国内大手後発品メーカーである「東和薬品株式会社」が2014年5月26日に発売を開始したもので、水なしでも飲めるようにすぐに溶け、レモン風味やコーヒー風味など飲みやすくしているのが特徴です。

またそれに追随するように株式会社陽進堂や武田薬品株式会社からもバイアグラジェネリックは発売され、現在では10社以上のジェネリックを正規品として購入することが可能になっています。

ジェネリックの最大の魅力は、同じ効果を期待することができながら、価格が安い(半額程度)ことです。
ただ、それでもクリニックなどで処方してもらうと、1錠あたり650円前後しますので、さらに安く購入したい場合は、ネット通販を利用し、まとめ買いすると良いでしょう。

ただネット通販を利用する場合は、信頼のできるサイトを利用することが重要です。
またいきなりまとめ買いするのではなく、まずはお試しから始めてみることをおすすめします。
なお服用後、体調が優れなくなるようなことがあれば、服用を中止し、医師と相談するようにしましょう。

バイアグラと同様にレビトラにもジェネリックがあります。
レビトラ同様にバルデナフィルが有効成分として含まれています。
しかし、レビトラの特許はまだ切れていないために、国内の製薬メーカーからは販売されておらず、すべて海外のものとなりますので注意が必要です。