• ホーム
  • 女性の不感症に有効な手段とは

女性の不感症に有効な手段とは

2020年02月03日

不感症は、男性だけでなく女性にも起こることです。
不感症になってしまうと、オーガズムに達することができないのはもちろんのこと、行為そのもので快感を得られないため性行為の目的を見失ってしまいます。
さらに女性の場合は潤滑剤となる膣分泌液が出ない、つまり濡れない状態になってしまうこともあり、気持ち良くないどころか痛みを感じる怖れもあります。
性行為が上手くいかないとパートナーとの愛の確認も満足におこなえず、互いの間に溝を作ってしまいかねません。
そのため気持ち良くないと思ったら、早い段階で改善をする必要があります。

不感症の原因は身体的あるいは心理的両方の可能性が考えられますが、いずれも身体を健康に保つことで改善することができます。
どちらの原因においても、快感を感じる余裕がないことが仕組みになっていることが多いです。
適度な運動と正しい食事が、肉体的に体調を整えるとともに精神面にも好影響を与えてくれます。

身体的な問題が原因となる場合は、その不調を改善しようと必死になるため、快感が入り込む隙間がないことが考えられます。
特に女性の身体というものはデリケートで体調を崩しやすく、冷え症やむくみなど特有の症状を持っています。
これらの症状に対する防衛本能が働くことが仇となって、肉体的に感度を下げてしまう仕組みです。

そして心理的なトラブルが原因になっていることも考えられます。
身体的なものと同じように、悩み事やストレスで心の方に快感を感じるスペースがない状態です。
また性行為に関してはトラウマを経験する確率も少なくなく、それによる緊張でリラックスすることなく身構えてしまうと満足な性行為はおこなえません。
これはストレスを感じにくい健康な精神を作るとともに、元となる心理的な原因そのものを取り去ったり減らしたりする必要も出てきます。

また原因に対処する方法の他に、女性専用の不感症に対する薬というものも存在し、それを使用することも効果的です。
肉体的な面で、身体を感じやすいものにするサポートになってくれます。

ラブグラは女性の不感症用治療薬です

女性の不感症に対処する薬として、ラブグラというものがあります。
あまり数は多くない女性用バイアグラのひとつです。
バイアグラというと男性用の薬と思われがちですが、主成分となっているシルデナフィルは男女関係なく影響を与えるものです。

ラブグラを飲むと、シルデナフィルは身体の血流を促進させます。
それは膣周辺の働きを活発にしてくれて、主に性感帯を敏感にする作用があります。
そして血流の促進はその部分の働きを促進させるので、分泌液で潤いを上げる効果も期待できます。

もともと男性用のバイアグラも女性の身体に影響を与える作用を持っているものでしたが、あくまでも男性の身体に使用するために作られていて、女性が使用すると安全面で保証がされませんでした。
そこで開発されたのが女性のために成分配合を考えられたラブグラなどの女性用バイアグラです。

ラブグラは得られるメリットとメカニズムが男性用のバイアグラに基づくものであるため、使用する際に気を付けなければならない点も同じです。
許容量は1日に1回で、飲んだ後は24時間空ける必要があります。
また血流が全身で促進されるため、むくみを感じたりアルコール摂取時と同じような症状が副作用として出る可能性があります。
また柑橘類はこの作用を強めることがあるため、併用は控えてください。

あくまでも肉体的に感度を上げるように作られているので、精神的に影響を与えるものではありません。
そのためトラウマなど強い心理的要因が邪魔をする場合は敵わないかもしれません。
それでも雰囲気などで緊張を和らげる工夫と合わせて、障害を減らすサポートにはなります。
正しく飲めば多かれ少なかれ感度は上昇するので、それを活かして満足できる性行為経験を作ることが大切です。