• ホーム
  • シアリスジェネリックの一つにタダラフィルがあります

シアリスジェネリックの一つにタダラフィルがあります

2019年12月17日
幸せな夫婦

タダラフィルはED治療薬シアリスの主成分です。
タダラフィルはPED-5(ホスホジエステラーゼ5)阻害薬に区分されされます。
もともとED治療薬として研究・開発されましたが、前立腺肥大などに効果があると分かり、他の商品名で販売されていて保険を適用することが可能です。
用量によって適応が異なり5mgは前立腺肥大症薬としてリリースされていて、10~20mgはシアリスとして販売されていて、多くの治療に利用されています。
いろいろなジェネリック医薬品がリリースされていて、リーズナブルな価格で購入することができるので便利です。

ED治療薬であるシアリスとしてタダラフィルは、1日1回あたり10~20mg服用します。
服用した後1~2時間後効果を発揮することができ、血中濃度のピークが服用してから3~5時間になりますが個人差があります。
長時間作用するタイプなので食事などの影響をほとんど受けなかったり、副作用が少ないことから自分のライフスタイルに応じて服用するタイミングなどをアレンジすることができるでしょう。
海外ではウィークエンド・ピルと呼ばれていて、金曜夜に服用すると日曜日までその効果を持続することができるので人気があります。
36時間という長時間作用ですが、24時間以上経過するともう一度服用しても問題がありません。

シアリスにはいろいろなジェネリック医薬品があり、値段が安いですが効果は劣らないようになっています。
シアリスジェネリックにはタダという名前が頭についたものが多く、例えばタダポックスやタダシップ・タダリスなどがです。
錠剤タイプやゼリータイプなどがあり、噛み砕くタイプなどもあるのでシアリスジェネリックにはいろいろなタイプが発売されています。
それぞれ安い値段で購入することができシアリスに劣らない効果を発揮することが可能です。
シアリス自体が人気のある医薬品なので、シアリスジェネリックも世界中で利用されています。

シアリスジェネリックとしては「メガリス」も有名です

シアリスジェネリックにはタダポックスやタダシップ・タダリスなどがあり、世界中において勃起不全治療薬として使われています。
メガリスもシアリスのジェネリック医薬品で、インドの製薬会社から販売されています。
メガリスは丸い形で橙がかった桃色になっていて、個包装になっているので使い勝手が良いです。
20mmgと10mmgの2タイプがあり、本格的に勃起不全を治療したいなら20mmgがおすすめで、満足度を上げたいなら10mmgがおすすめです。

メガリスはジェネリック医薬品なので主成分はシアリスと同じくタダラフィルになっていて、EDの引き金であるPDE5の作業を阻害する作用があります。
この作用によってスムーズに勃起することが可能です。
PDE阻害剤の仲間でバルデナフィルやシルデナフィルなどと比較すると、タダラフィルには効果がスタートするまで時間がややかかります。
しかしこれらに比べると効き目が大幅に長持ちするので、一回飲むだけで36時間効果を維持することが可能です。
長時間維持することを目的にするなら、メガリスはおすすめの勃起不全改善薬と言えるでしょう。

シアリスとメガリスには副作用がありますがほとんど同じです。
メガリスはPDE5の動きを阻害し身体中の血管を拡げ血行を改善する働きがあるので、目の充血だったり顔の火照りなどの症状が現れます。
いずれも軽度なので心配することはなく、人によっては効いている兆候だとされています。
動悸や頭痛などを感じることがあり、効き目がなくなる頃のタイミングにおいて光に敏感になったり目の奥が痛くなるという人もいるそうです。
鼻が詰まるといった症状を感じることもあります。

薬の効き目が切れる同時に副作用もなくなるので、いずれの症状に関して心配する必要はありません。
副作用が強く生じ効き目が切れても不快な副作用だけが残る場合、クリニックに行って相談することをおすすめします。